廃れ行くお中元制度

廃れ行くお中元制度

お中元は普段お世話になっている方々へ感謝の思いをこめて送る夏のギフトです。

 

夏に贈るので、そうめんや缶ビール、ジュース類、洗剤等に人気があるようです。

 

親しい間柄なら、欲しい物を先に尋ねておいてそれを贈るのが喜ばれます。しかし最近では、カタログギフトから好きな物を選んでもらるシステムを使用している人も多いようです。値段は様々で、親近度具合により3千円から5千円くらいの商品を贈るのが一般的です。

 

しかしこのお中元という伝統的な日本のシステムは、若者の間ではあまり使われていないようです。堅苦しくて面倒くさいのがその理由です。また、人間関係においてある程度の距離を保って付き合っていきたい、という風潮があるせいかもしれません。